妊娠線ってキレイになるの?妊娠線のメカニズムと除去の方法

妊娠線ができる仕組み

男性と違って女性は妊娠をする生殖機能があるので、人生の中で何度か出産を経験する女性も多いと思いますが、お腹の中に宿った命に対して愛着が湧く一方でこれから出産を迎えるにあたっての緊張や不安感、そして出産した後のことなどを考えると不安になる要素は数多くあります。

また、出産をすることによって体にもさまざまな変化が訪れるようになり、女性ホルモンのバランスによって体調を崩してしまうことや見た目に見えると症状としては妊娠線があります。

中には妊娠線が気になるので除去を検討しているという女性の方もいるかもしれませんが、妊娠線の除去を考える前にどうやって妊娠線が作られているかという機序を知ることが大切です。

皮膚は線が生じる表皮部分と、その下にある真皮という部分、そしてさらに下層には皮下組織と呼ばれる組織が存在していますが、妊娠してお腹が大きくなってくると表皮はゴムのように伸びてくるのでお腹は大きくなります。

子供の成長は思った以上に早く表皮が伸びることによってお腹の大きさについていくことができなくなり、これによって皮膚の表面に亀裂が生じることになります。

妊娠線ができる仕組みになりますが、除去をするにも自分の皮膚が引っ張られたことによって起こるのでそう簡単には治りません。

また、最初のうちは赤みを帯びていた線も時間が経過すると次第に白っぽくなり、そのまま消えそうな感じもするのですが、大抵の場合は消えずに残ることになります。

妊娠線ってキレイになるの?妊娠線のメカニズムと除去の方法